Friday, May 3, 2013

ポイント13:Non


ポイント13:Non



砂糖、カフェイン、お酒は、ほどほどに摂取すべきものです。また、そういった代替製品の多くが、不自然な和製英語の名前を付けられています。

日本では、「ノンシュガー」、「ノンカフェイン」、「ノンアルコール」といった表現をよく耳にしますが、これらは3つとも英語では使われません。

無糖に関しては、「sugar-free」か「sugarless」という表現がよく使われます。カフェインについては、「decaffeinated(発音:di`ːkæ'fəne`itid、カナ:ディッフィネイティッド)」か「caffeine-free(発音:kæfi'ːn fri'ː、カナ:カフィーン フリー)」という表現が使われています。またアルコールに関しては、「non-alcoholic(発音:nɑ'n æ`lkəhɑ'lik、カナ:ン アルカホウリック)」か「alcohol-free(発音:æ'lkəhɔ`:l fri'ː、発音:ルカホゥル フリー)」という単語が正解です。

もうひとつ、みなさんに注意していただきたいのが、それぞれの単語の発音です。「caffeine」の発音は、カタカナ英語の「カフェイン」ではなく、「フィーン」になるべきです。また、「alcohol」の発音は「アルコール」ではなく、「ルカホゥル」となります。

このポイントが、あなたの食習慣に役立てばいいと思います。少なくとも、英語の勉強の助けになれば、幸いです。



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



Point 13:Non


Sugar, caffeine and alcohol are three things that we should consume in moderation. However, the products to help us with that goal tend to be labeled with unnatural Japanese-English.

None of the Japanese-English words 'non-sugar', 'non-caffeine' or 'non-alcohol' are used in English.

For sugar, the words 'sugar-free' or 'sugarless' are used. For caffeine, the words 'decaffeinated' or 'caffeine-free' are used. And, for alcohol, the words 'non-alcoholic' or 'alcohol-free' are used.

One more thing to note is the pronunciation. Caffeine is pronounced (ka-feen). And alcohol is pronounced (al-kuh-hawl), not (al-kohl).

I hope this point helps your diet, or at least your English skills!


 


ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ポイントXポイントー和製英語クリニック by Nanya is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.

No comments:

Post a Comment