Tuesday, September 18, 2012

ポイント11:Challenge


ポイント11:Challenge



人生というものは、努力を尽くしたり、頑張ったり、一生懸命にやり遂げることの連続です。日本語は、こういった励ましのフレーズであふれています。しかし日本語でよく使われる励ましのフレーズの中に、一つ不自然な和製英語が混ざっています。

日本では、「Challenge(発音:tʃæ'lindʒ 、カナ:チャレンジ)」という単語は動詞として、「挑戦する」、「やってみる」といった意味合いでよく使われているようです。「I will challenge the test. 」とか「I want to challenge English.」と話す方がたびたびいらっしゃいますが、こういった使い方は間違いです。

「Challenge」という動詞には、たくさんの意味があります。和製英語の「チャレンジ」と一番近い意味合いで使う場合は、この動詞の直後に、人・物を目的語として置かなければいけません。

「Challenge」という英語の意味は、自分が「挑戦する」、「やってみる」ではなくて、誰かに何かを挑戦させることです。つまり、誰かを挑発して、(スキル・体力等の)勝負に誘うことを指しています。

いくつか例文を見てみましょう。
I challenge my students to study harder. (生徒達に、もっと身を入れて勉強させています。)
I challenged myself to lose 10 kilograms. (私は10キロ痩せるという目標に挑戦しました。)
He challenged Mike Tyson to a rematch. (彼はマイク・タイソンに再戦を挑みました。)

間違った使い方として、「challenge the test」と例に出しましたが、正しくは「challenge myself to pass the test」と言わなければなりません。同様に、「challenge English」でなく、「challenge myself to learn English」が正解です。

ゆえに、日本語で一般的に受け入れられている「チャレンジャー」の使われ方も、英語では不自然な使い方です。日本では、一生懸命に何かに頑張っている人に対して、「He / She is a challenger.」等といった言い回しを使う方がいますが、本来「challenger」という単語は、試合・コンテスト・競争・戦い等においての現チャンピオンの対戦相手として、使われるべき単語です。例えば、現在のアメリカの大統領選挙では、incumbent(現職)のオバマ大統領に対して、challenger(挑戦者)は共和党のロムニー候補です。あるいは、日本代表のなでしこジャパンは、女性サッカー界では現チャンピオン(女子サッカーワールドカップにおいて)なので、どこの国が対戦相手であっても、相手チームは「challenger(挑戦者)」とみなされます。

「challenger」を正しく使った例文を作ってみると、「The challenger defeated the champion. (挑戦者はチャンピオンに勝ちました。)」になります。

それでは、「challenge」を正しく使いこなせるようになってください!You can do it! (頑張って!)




ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



Point 11:Challenge



Making an effort, doing one's best, giving it your all, this is what life is about! In Japanese there is no shortage of these phrases of encouragement. However, one common phrase for encouragement is incorrectly used English.

'Challenge' is often used as a verb in Japanese to mean try / attempt. I often hear 'I will challenge the test' or 'I want to challenge English'. However, these are incorrect usages.

The verb 'challenge' has several meanings but the one closest in meaning to the Japanese-English version must be followed by a person or living thing as an object.

The meaning of 'challenge' is not to 'try' or 'attempt' but to make someone try. To put it another way, it means to summon one to a contest of skill/ strength/ etc.

Here are a few examples:
I challenge my students to study harder.
I challenged myself to lose 10 kilograms.
He challenged Mike Tyson to a rematch.

So, instead of 'challenge the test' above, you can say 'challenge myself to pass the test'. And, instead of 'challenge English' it could be 'challenge myself to learn English'.

With this in mind, the common katakana English word, 'challenger' is also unnatural. In Japanese, people often say 'He / She is a challenger' of a persevering person who challenges themselves. However, the word 'challenger' is specifically used for contests, matches, fights etc. in which a person is facing a reigning champion. This can be in an election, like Obama (incumbent President) v. Romney (challenger), or the Japan Women's National Football Team (world champions) v. any other national team (challenger).

Therefore, an example of the correct usage would be:
The challenger defeated the champion.

I challenge you all to use 'challenge' correctly! You can do it!




ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ポイントXポイントー和製英語クリニック by Nanya is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.

No comments:

Post a Comment