Saturday, May 25, 2013

ポイント14:Moody

ポイント14:Moody


© www.p0intXp0int.com


計画をうまく運ぶためには、ムードは極めて重要な役割を担います。時にはムードを良くするためのちょうどいい音楽、環境、天気、状況が揃っていても、自分の感情がムード作りの邪魔になることもあります。英語では、個人の感情は、ムードを作り上げる上で重要とされています。今回は、これについて説明します。

「ムード」という和製英語は、雰囲気・場の空気等の意味をさしています。この意味は、英単語本来の「mood」にもあります。英語でも、みなさんがよく耳、口にするような使い方で、「ムード」を使ったフレーズがたくさんあります:

Spoil the mood (ムードを壊す) 
Set the mood ((ロマンチックな)ムードを作る) 
Mood music (ムード音楽)

しかし、英単語の「mood」は、和製英語の意味よりも、気分・機嫌・気持ちを指す意味(特に、気分が悪かったり、イライラしたり、怒ったりしている場合)でよく使われます。 この意味で、よく使われているフレーズをいくつか見てみましょう:
Be in a bad mood (機嫌が悪い) 
Change one’s mood (気が変わる) 
I’m in the mood for …(~したい気分である)

和製英語では、この個人の精神状態を表す意味ではほぼ使われず、雰囲気を指す使い方ばかりが多用されているように感じます。そのため、「ムーディー(moody)」という形容詞も、日本語と英語では異なる意味で使われているように見受けます。日本語での「ムーディー」は、「(ロマンチックで、おしゃれで)雰囲気のいい」というような意味を指しているようです。残念ですが、「moody」にこういった意味はありません。英単語の「moody」は、先ほどの例にあるように「bad mood(機嫌が悪い)」と同じような、否定的な意味をもつ形容詞です。雰囲気がいいのではなく、「憂鬱な」「陰気な」「気難しい」という意味です。ですから「a moody restaurant」というと、スタッフが気難しくて、シェフが気分屋で、決して評判のいいレストランとは聞こえませんね。

「moody」の使い方をもう少し例にとって見てみましょう:
She is always so moody! (彼女は、本当に気分屋ですね。) 
He gave me a moody look. (彼は不機嫌そうな目を私に向けた。) 

今回のポイントで、皆さんのムード(気分)が明るくなればいいなと思います。ではまた次回!



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/





Point 14:Moody


© www.p0intXp0int.com


The mood is crucial to having a plan go well! Even if you have the right music, décor, weather and appearance to build a good atmosphere, sometimes your feelings get in the way. Feelings make up the mood too.

In Japanese, the English word 'mood' is commonly used to refer to the atmosphere, feeling, consensus around you, and this is the same meaning that you will find in English. English and Japanese have similar phrases using mood in this way:

Spoil the mood 
Set the mood 
Mood music

However, the more common usage of 'mood' in English is with the meaning of the temperament or attitude of a person at a given time, especially if they are feeling bad, angry or irritated. Some common phrases are:

Be in a bad mood 
Change one’s mood 
I’m in the mood for …

Instead of person's 'mood', the Japanese usage of 'mood' seems to only include the atmospheric 'mood'. Due to this, the meaning of the adjective 'moody' has become different in Japanese and English. In Japanese it used for atmospheric (with a hint of romance and chic), for instance, in a 'moody restaurant'. But unfortunately, this usage is only found in Japanese. The English word, ‘moody’ is an adjective coming from the ‘bad mood’ we spoke about above, so it means only things like gloomy, sullen, temperamental, glowering, etc. In that case a ‘moody’ restaurant doesn’t sound very welcoming.


Here are a few examples of the common English usage of 'moody':
She is always so moody! 
He gave me a moody look. 

I hope today’s lesson brightened your mood! See you next time!



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ポイントXポイントー和製英語クリニック by Nanya is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.

Friday, May 3, 2013

ポイント13:Non


ポイント13:Non



砂糖、カフェイン、お酒は、ほどほどに摂取すべきものです。また、そういった代替製品の多くが、不自然な和製英語の名前を付けられています。

日本では、「ノンシュガー」、「ノンカフェイン」、「ノンアルコール」といった表現をよく耳にしますが、これらは3つとも英語では使われません。

無糖に関しては、「sugar-free」か「sugarless」という表現がよく使われます。カフェインについては、「decaffeinated(発音:di`ːkæ'fəne`itid、カナ:ディッフィネイティッド)」か「caffeine-free(発音:kæfi'ːn fri'ː、カナ:カフィーン フリー)」という表現が使われています。またアルコールに関しては、「non-alcoholic(発音:nɑ'n æ`lkəhɑ'lik、カナ:ン アルカホウリック)」か「alcohol-free(発音:æ'lkəhɔ`:l fri'ː、発音:ルカホゥル フリー)」という単語が正解です。

もうひとつ、みなさんに注意していただきたいのが、それぞれの単語の発音です。「caffeine」の発音は、カタカナ英語の「カフェイン」ではなく、「フィーン」になるべきです。また、「alcohol」の発音は「アルコール」ではなく、「ルカホゥル」となります。

このポイントが、あなたの食習慣に役立てばいいと思います。少なくとも、英語の勉強の助けになれば、幸いです。



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



Point 13:Non


Sugar, caffeine and alcohol are three things that we should consume in moderation. However, the products to help us with that goal tend to be labeled with unnatural Japanese-English.

None of the Japanese-English words 'non-sugar', 'non-caffeine' or 'non-alcohol' are used in English.

For sugar, the words 'sugar-free' or 'sugarless' are used. For caffeine, the words 'decaffeinated' or 'caffeine-free' are used. And, for alcohol, the words 'non-alcoholic' or 'alcohol-free' are used.

One more thing to note is the pronunciation. Caffeine is pronounced (ka-feen). And alcohol is pronounced (al-kuh-hawl), not (al-kohl).

I hope this point helps your diet, or at least your English skills!


 


ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ポイントXポイントー和製英語クリニック by Nanya is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.

Saturday, March 23, 2013

ポイント12:Idol


ポイント12:Idol




日本で「アイドル」といえば、時には社会現象を生み出すほど、経済的にも大きな収益を上げています。日本のAKB48や、韓国のKARAはいい例で、大勢の熱狂的なファンがいるようです。でも「アイドル」になれるのは、若い芸能人だけですか?英語においては、そうではありません。

「idol」は元来(現在のように「ポップスター」を指すものと認識される以前から)、宗教的な意味合いを含んだ単語です。「idol」が「神を象徴する物」を意味するのは、今も昔も変わりません。例えば、仏像やキリスト像は「idol」と呼ばれます。この由来を考えると、英語であろうと日本語であろうと、熱狂的なファンにとってはスターや芸能人が羨望・崇拝の対象であり、仏像やキリスト像と同等な「idol」となり得ます。

みなさんお気づきの通り、日本語では「アイドル」は、若い芸能人や歌手を指すことが多いように感じます。そのほとんどが歌手やテレビタレントですが、「グラビアアイドル」と言うように、水着や雑誌等のモデルを指す場合もあるようです。

しかし、英語で「idol」という単語は、性別を問わず、また歌手や有名人に限定して使われるものではありません。誰でもなり得ます。「idol」は本来、「崇拝される人・物、偶像」という意味であり、盲目的に賞賛されたり信仰されたりしている対象を指します。つまり、誰かに神として崇められている・扱われている人や物が「idol」となります。

下の例文を見ると、はっきり分かるでしょう:

My father is my idol. (私は、父を誰より尊敬しています。)
Michael Jordan was my childhood idol. (子供の頃、私はマイケル・ジョーダンの熱烈なファンでした。)

また、「idol」には「idolize」という動詞の形もあります。

例:I idolize Ichiro Suzuki. (私は、イチローにすごく憧れています。)


もう一つ、注意すべき点があります。 交通用語で「アイドリングストップ」、「ノーアイドリング」というフレーズを見かけることがあります。ここで使われる「アイドル」は、前述のスター・芸能人を指す単語とは全く異なります。ここでの「アイドル」は「idle(停車時に、自動車等のエンジンをかけたままの状態に保つこと)」であり、「idol」とはほぼ同じ発音ですが、同じ英単語ではありません。

あなたがアイドルをお好きかどうかはさておき、英単語の「idol」には有名芸能人のみに限らず、もっと深い意味があります。さて、あなたの「idol」はどなたですか?



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



Point 12:Idol



Idols are a huge phenomenon and also a cash cow in Japan. Japan's own AKB48 or Korea's KARA are examples of idols that have many adoring fans. But, are 'idols' only fresh-faced, young entertainers? In English, they aren't.



The older usage of this word (before pop stars) is actually religious. Idols were and still are images or objects that represent a deity. For example, things like a statue of the Buddha or a sculpture of Christ would be called 'idols'. Considering this origin, We use the word 'idol' to mean 'star' or person we look up to in both English and Japanese, because people worship stars just like one would a statue of the Buddha, Jesus or any other god.

As you may know "Idol" in Japanese is used to refer to young pop stars. These may be singers or TV personalities, but are sometimes just pin-ups or bikini models.



However, the popular English usage refers to both males and females evenly and not just singers or famous people, but also anyone you know. That's because the meaning of 'idol' is any person or thing regarded with blind admiration or devotion. Basically, someone or something treated as a deity. Idols often seem to be worshiped as if they are gods.

Here are some phrases to illustrate this:

My father is my idol.
Michael Jordan was my childhood idol.



Idol is also used in the verb form, 'idolize''.

Ex: I idolize Ichiro Suzuki.

One more thing: 'idle' is also used in Japanese, as in the common phrase, 'no idling'. This idle is not the same word as 'idol'.

Love them or hate them, the word 'idol' has an English meaning far deeper than just show biz babes. So, who is your idol??

 



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ポイントXポイントー和製英語クリニック by Nanya is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.

Tuesday, March 12, 2013

エトセトラ: Comic



エトセトラ: Comic - Commuter Hell 1

初めてアメリカン・コミックス風の漫画を描いてみました!

去年7月に「7 English Loan Words That are Secretly Dirty in Japanese」(日本語では密かにいやらしい7つの英単語)という私が書いた記事が掲載されましたが、今回も同じくGAIJINASS.COMでご覧いただけます。

この漫画は「Surviving Japan’s Commuter Hell」(日本の通勤地獄のサバイバル)という日本に暮らしている外国人向けのオリジナルシリーズの第一部です。この漫画の文章は全て英語ですが、難しければ、絵だけでも楽しんで下さい!

こちらです!



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/








Etcetera: Comic - Commuter Hell 1

I have taken a shot at drawing an American comic style piece for the first time! Just as with '7 English Loan Words That are Secretly Dirty in Japanese', my original article which was announced here in July last year, this new comic is currently viewable at GAIJINASS.COM, my fellow partners in grime.

This is Part 1 of an original series aimed at foreigners living in Japan called, Surviving Japan’s Commuter Hell. The comic’s content is completely English, but if you readers studying English find it hard to understand, then please just enjoy the art!

Please have a read! HERE!



ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/





クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ポイントXポイントー和製英語クリニック by Nanya is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.


Tuesday, September 18, 2012

ポイント11:Challenge


ポイント11:Challenge



人生というものは、努力を尽くしたり、頑張ったり、一生懸命にやり遂げることの連続です。日本語は、こういった励ましのフレーズであふれています。しかし日本語でよく使われる励ましのフレーズの中に、一つ不自然な和製英語が混ざっています。

日本では、「Challenge(発音:tʃæ'lindʒ 、カナ:チャレンジ)」という単語は動詞として、「挑戦する」、「やってみる」といった意味合いでよく使われているようです。「I will challenge the test. 」とか「I want to challenge English.」と話す方がたびたびいらっしゃいますが、こういった使い方は間違いです。

「Challenge」という動詞には、たくさんの意味があります。和製英語の「チャレンジ」と一番近い意味合いで使う場合は、この動詞の直後に、人・物を目的語として置かなければいけません。

「Challenge」という英語の意味は、自分が「挑戦する」、「やってみる」ではなくて、誰かに何かを挑戦させることです。つまり、誰かを挑発して、(スキル・体力等の)勝負に誘うことを指しています。

いくつか例文を見てみましょう。
I challenge my students to study harder. (生徒達に、もっと身を入れて勉強させています。)
I challenged myself to lose 10 kilograms. (私は10キロ痩せるという目標に挑戦しました。)
He challenged Mike Tyson to a rematch. (彼はマイク・タイソンに再戦を挑みました。)

間違った使い方として、「challenge the test」と例に出しましたが、正しくは「challenge myself to pass the test」と言わなければなりません。同様に、「challenge English」でなく、「challenge myself to learn English」が正解です。

ゆえに、日本語で一般的に受け入れられている「チャレンジャー」の使われ方も、英語では不自然な使い方です。日本では、一生懸命に何かに頑張っている人に対して、「He / She is a challenger.」等といった言い回しを使う方がいますが、本来「challenger」という単語は、試合・コンテスト・競争・戦い等においての現チャンピオンの対戦相手として、使われるべき単語です。例えば、現在のアメリカの大統領選挙では、incumbent(現職)のオバマ大統領に対して、challenger(挑戦者)は共和党のロムニー候補です。あるいは、日本代表のなでしこジャパンは、女性サッカー界では現チャンピオン(女子サッカーワールドカップにおいて)なので、どこの国が対戦相手であっても、相手チームは「challenger(挑戦者)」とみなされます。

「challenger」を正しく使った例文を作ってみると、「The challenger defeated the champion. (挑戦者はチャンピオンに勝ちました。)」になります。

それでは、「challenge」を正しく使いこなせるようになってください!You can do it! (頑張って!)




ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



Point 11:Challenge



Making an effort, doing one's best, giving it your all, this is what life is about! In Japanese there is no shortage of these phrases of encouragement. However, one common phrase for encouragement is incorrectly used English.

'Challenge' is often used as a verb in Japanese to mean try / attempt. I often hear 'I will challenge the test' or 'I want to challenge English'. However, these are incorrect usages.

The verb 'challenge' has several meanings but the one closest in meaning to the Japanese-English version must be followed by a person or living thing as an object.

The meaning of 'challenge' is not to 'try' or 'attempt' but to make someone try. To put it another way, it means to summon one to a contest of skill/ strength/ etc.

Here are a few examples:
I challenge my students to study harder.
I challenged myself to lose 10 kilograms.
He challenged Mike Tyson to a rematch.

So, instead of 'challenge the test' above, you can say 'challenge myself to pass the test'. And, instead of 'challenge English' it could be 'challenge myself to learn English'.

With this in mind, the common katakana English word, 'challenger' is also unnatural. In Japanese, people often say 'He / She is a challenger' of a persevering person who challenges themselves. However, the word 'challenger' is specifically used for contests, matches, fights etc. in which a person is facing a reigning champion. This can be in an election, like Obama (incumbent President) v. Romney (challenger), or the Japan Women's National Football Team (world champions) v. any other national team (challenger).

Therefore, an example of the correct usage would be:
The challenger defeated the champion.

I challenge you all to use 'challenge' correctly! You can do it!




ツイッターでフォローして!Follow us on Twitter! @p0int0
TUMBLRもやっている!We're on Tumblr too! http://pointxpoint.tumblr.com/



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ポイントXポイントー和製英語クリニック by Nanya is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.